Q&A

リノベーションやリフォームをするにあたり、よくある質問をまとめました。
代表的な回答ですので詳しく知りたい方は直接お問合せ下さい。

リノベーションで家の間取りを大きく変えたいけど注意することは何ですか?
まず始めに現状の建物の調査が必要となります。間取変更を考える時、柱位置や梁組、耐力壁などについて確認し、外せる柱や壁などを検討できるようにします。また、屋根、外壁、水廻りなどの痛み具合の調査を入念に行い、改修が必要な状況があれば緊急度合を考慮し、同時改修も検討します。このような調査は「ホームインスペクション(建物診断)」といいます。

リノベーションで変えられない物は何ですか?
戸建住宅、マンションの区別無く、間取の変更をはじめとして費用面を考えなければ大抵の変更が可能ですが、マンションの場合玄関ドアやサッシなどの共用部分に関する変更は出来ません。また、専有部分でも上下階との関係で水廻りの移動に制限が生じたりする場合があります。

リノベーションで資産価値は上がるのでしょうか?
リノベーションすることで建築時の旧式な設備や仕様が最新の物に変わったり、対面型のキッチンに変えるなど、今のトレンドな間取りに変わることで住宅の価値は格段にアップすると言えますが、リノベーション費用がそのまま流通価格に転嫁できるとは言い切れません。あくまでもそのときの住宅市場の状況によります。
一方、外装改修に際し、モルタル下地吹付材仕上壁を全面タイル貼に改修したり、カラー鋼板屋根を銅板屋根や瓦屋根などに改修すると市町村によっては、税制上の建物評価が上がり都市計画税が増す場合があります。

リノベーションした住宅は何年住めますか?
適切に管理・メンテナンスされていることが、長く住めるかどうかを左右する重要なポイントです。住み手のメンテナンスに対する意識次第です。梅雨入前の屋根点検、軒樋の落葉掃除などなど日常的または定期的に家を見ることが、不具合や劣化の早期発見や手当てが可能となり、住宅を長持ちさせる秘訣です。

リノベーションするのに1番はじめにすることは何ですか?
リノベーションにはメリット・デメリットがあります。どちらも理解した上であなたのリノベーション要望をまとめることです。このとき、設計事務所や専門業者に相談することをおすすめします。あなたの要望を踏まえた工事や工法の提案をしてもらえます。

住み良いリノベーションをする為のポイントは何ですか?
リノベーションで、「居間を広くしたい」「台所を対面式にしたい」など、単なる間取りや設備の改修だけでなく、外壁・窓の断熱化であったり、窓を増設して風通しの良い家にしたり、天窓をつけて部屋を明るくするなど、日常に感じている不満を改善することにより住み良さを実感することができます。

リノベーションで今まで使っているものを使ったり、自前で購入した物を工事用に支給できますか?
基本的に可能です。ネットなどでフローリングやタイル、キッチンセットなど気に入ったものがあれば購入し、工事用に支給していただくことが可能です。注意したい点は、工事後支給した物の不具合は取付設置状況に工事業者の不備が無い限り、支給者が対応することになります。支給品の品質やメーカー保証などについて十分な確認をおすすめします。

リノベーションする最も良いタイミングはどのような時ですか?
ライフサイクル状況、住宅・設備の劣化状況により様々です。住みながらの工事が多いので、厳冬期を外した工事をおすすめします。

リノベーションは新築より安く出来るという話と同じくらい費用が掛かるという話を聞きました。どちらが本当ですか?
どちらも本当です。一言で言えば「工事内容で様々」です。
●間仕切位置を変えて部屋を広くする工事、水廻りの全面改修を含んだ工事
●柱と梁だけにして(スケルトン状態)にして大規模にリノベーションする工事
など様々な工事形態があり、結果として費用も様々となります。

マンション又は、戸建住宅をどちらか購入してリノベーションを考えています。どちらがリノベーションしやすいですか?
工事だけで見ると、コンクリートの床・壁・天井で仕切られた部分での間取りの再構築的なマンションのリノベーションは戸建に比べるとしやすいと考えられます。
一戸建ての場合はリノベーションに合わせ、増築したり部分減築したりと複合的にリノベーションを考えることが出来ます。
単なるリノベーションの「しやすさ」だけで選ぶのではなく、どのように暮らしたいかで選択するのが良いでしょう。

リフォームローンはリノベーションにも利用できますか?
ご利用頂けます。各金融機関で取り扱っているリフォームローンはリノベーション工事に適用できます。

新築の場合、税制優遇はあるようですが、リノベーションの場合はどうなりますか?
新築の場合と同様に住宅ローン減税の適用となります。
概要として年末のローン残高の1%が10年間控除されます。

リノベーションは誰に相談するのがベストですか?
設計事務所や工務店などの建築の専門家に相談されるのが良いです。耐震改修や増築も考えている方は設計事務所に相談されることをおすすめします。
私たちサイトは施工ができる設計事務所として、リノベーションはもちろんリフォーム・増築・建替え新築などのご用命を承っております。お気軽にご相談下さい。

リノベーションした建物を購入して、更に自分の好みに改造はできますか?
リノベーションやリフォームは何度でも行うことは可能です。
間取改修や外壁改修、設備改修など家歴としてリノベーションやリフォームの内容を残しておき、次のリノベーション参考資料として整備しておくことをおすすめします。

リノベーションは建築確認申請は必要ですか?
基本的に増築工事を伴うリノベーションは確認申請が必要となりますが、(準)防火地域の指定のない地域では10㎡(6帖)以内の増築は申請不要です。詳細はお問合せ下さい。

新築と違ってリフォームやリノベーションはアフターメンテナンスに不安がありますが・・・
工事後のリフォーム瑕疵保険(5年間)などセーフティーネットは整備されてきています。工事後私たち株式会社サイトは1年に1度状況確認(無料)を行い、不具合などがあれば状態をご説明し、メンテナンス方法(工事)の提案、修繕(有料)とホームドクターのようにアフターメンテナンスのお手伝いをします。

DIYで出来るリノベーション・リフォームについて教えてください。また、材料や道具などの手配はどうしたら良いですか?
比較的に手軽にてきるものとして、屋根・壁などの塗装や壁紙の貼り替えなどリフォーム的な作業があります。この程度のDIYであれば材料や道具などはホームセンターなどで手配することができます。
間仕切りの撤去、新設、ドアの取付けなど本格的なDIYをお考えの方は設計事務所や工務店にDIYのサポートを前提に工事の相談をしてみると良いでしょう。

リノベーションは住みながら工事できますか?
基本的に可能です。キッチン、お風呂、トイレの全面改修などの工事が数日続く場合は、外食や浴場の利用などの一次的な生活不便があります。また、住みながらの工事なので、工事中に職人さんが出入りするため気を使うなどの精神的な不便を感じる場合があります。

省エネ改修、耐震改修、水まわり改修などを考えています。予算もあり、段階的にやることは出来ますか?また、無駄の無い順番があれば教えて下さい。
お考えの改修については各々別に工事をすることが可能です。省エネ改修(断熱化)工事の時は外壁を全面的に改修します。この時に合わせて耐力壁を整備する耐震改修も同時に行えばムダの無い工事と言えるでしょう。
いずれにしても、工事順番は今一番不便を感じたり不安に思っていることを解決する工事を優先することです。

  • MAIL
  • 無料資料ダウンロード